無料プレゼント

ロジカル瞑想法

✔︎瞑想とは?
✔︎瞑想のやり方

✔︎瞑想の驚くべき効果

✔︎瞑想体験談

について知りたい!という方へ

 



  *


 

*メールアドレスの入力間違いが多くなっております。ご注意ください。スマホやPCで読むことができます。epubでお渡しします。

 

アマゾンランキング1位

 

「ロジカル瞑想法」◆目次
はじめに
第一章 瞑想を今すぐ始めるべき20の科学的根拠

第二章 ストレスを最小限に・・・みるみる不安が減る理由

第三章 パフォーマンスを最大に・・・10歳若返るアンチエイジング効果とは

第四章 瞑想で「自分らしさ」を取り戻す

第五章 なぜ、これほどの効果があるのか、ロジカル瞑想の考え方とは?

第六章 瞑想で純粋性を高めると物事が上手く回り出す

第七章 瞑想をする前に3分でできるリラックス法

第八章 瞑想 やり方 超カンタン5ステップ

第九章 押さえておきたい3つのポイント

あとがき

 

↓本を受け取るメールアドレス↓

 


  *


 

 

 

 

初めまして
「ロジカル瞑想法」の著者上原千友です。

 

私は瞑想をはじめてから
あれこれ迷ったりすることがなく
瞬時に直感で
決断できるようになりました。

 

例えば、誰でも忙しくなるとしょっちゅう

「次にあれをやって、そして、これをやんなきゃ」
「何から手をつけたらいいかわからない」
「・・・ったく、思い通り進まなくてイライラする・・・」

などと頭がごちゃごちゃになり、焦ります。

 

 

終わりが見えない作業に、不安で
心臓もバクバクいっているような気持ちになり
思わずトイレで休む・・・なんてこともあるかもしれません。

 

 

そして、そんな状況を離れ、家に帰っても
「ああ、やることを思い出した・・・」
「なんかいつも仕事のことが頭を離れない」
「あの時ああしておけばよかった」

など止めどなく次々とやるべきことが頭に浮かんできてしまう。

 

 

そんなふうになると、全然休めません

その上、頭も体も疲れすぎて
眠れない。

休もうと思っても休まらない・・・

私もすごい忙しい時には
出口の見えない忙しさと
「これっていつ終わるんだろう」という
不安から押しつぶされそうになったことがあります。

 

 

しかし、今ではそんなとき、瞑想をします。

すると・・・

頭がスッキリし、
これから先の不安ではなく、
今、目の前のことに集中できるようになります。

そして
3秒で優先順位が決められるようになります。

もう、迷うことがありません。

 

イライラがなくなり
人に対してネガティブな感情を持つことが
ほとんどありません。

むしろ、なんでも「ありがたい」です。

そして、そんな感謝の気持ちで
いられるせいか

周りの人が応援してくれることが
多くなりました。

 

また

頭がクリアになると・・・
「ひらめき度」もグーンと高まります。

直感力が上がるので
苦しいんで、アイディアを絞り出さなくても
どんどん湧いてくる感じです。

 

プレゼンのアイディアも
商品企画も
セールストークも
ライティングも
アートも
全て「ひらめき」から生まれます。

そんなひらめき度が
瞑想で高まります。

実際、私はそうやって
書籍を出版したり
映像を作ったり
企画を考えたり
コピーライティングをしたり
・・と、どんどん制作物を生み出しています。

 

これまで著者とともにライターとして20冊以上の本を出版。
64万部のベストセラー本にもなりました。
昨年はビジネス実用漫画のストーリーライターとして本を出版しました。
(漫画、私の共著の本)
↓ ↓ ↓ ↓

 

 

そんなふうに、自分のやりたいことをでき
創造できるようになったのは

「本当の自分に気づくこと」ができ
「自分らしくあること」ができるからだと思います。

 

 

なぜなら、

「自分らしくあること」は
自分を最大限に生かし
自分自身を大切にできること・・・

そして、創造性の源はそんな
「自分らしさ」にあるのです。

 

 

実は瞑想はそんな
「自分らしさ」に気づくことでもあるのです。

 

人は「自分らしくない」状態の時
「自分が生かされてない」
「この生き方は何か違うんじゃないか」
「ただ、生きているだけじゃないか」
と感じてしまいます。

実は、忙しいとか頭ごちゃごちゃとは
「自分を失っている」状態でもあるのです。

 

「自分を失った」状態から
「自分らしさ」を取り戻す・・・
瞑想はそんな時大いに役立ちます。

なぜ、瞑想がそんなことにまで役立つのか
また、そんな瞑想を教え、実践している
私の思いもメールストーリーでは届けています。

 

 

ぜひ「あなたらしくある」第一歩を踏み出してみてくださいね。

 


  *